生路の昔と今

織布工場群 昭和27年ころの生路地区の織布工場の景観。

 かつて東浦町は、生路を中心に繊維産業が盛んで織布町と呼ばれた。 

かつての織布工場群の今(平成26年)
かつての織布工場群の今(平成26年)

織布工場群 2

生路の風景 昭和35年ころの生路字小太郎あたり

生路小太郎辺りの眺め(平成26年)
生路小太郎辺りの眺め(平成26年)

生路小学校旧校舎 昭和58年改築前に撮影。

 この校舎は、大中肇の設計により大正15年に町内初の鉄筋校舎として建てられた。

生路小学校校舎(平成26年)
生路小学校校舎(平成26年)

刈谷高等学校東浦分校閉校式 昭和25年に開校した東浦分校は、県立東浦高等学校誕生に伴い昭和48年3月に閉校となった。

刈谷高校東浦分校跡の体育館(平成26年)
刈谷高校東浦分校跡の体育館(平成26年)

恵比須松 生路小学校の北、字西畑に生えていた老松。

 昭和27年3月3日に大音響とともに倒折した。昔根元には恵比須社があった。

恵比須松のあった辺り(平成26年)
恵比須松のあった辺り(平成26年)

生路から石浜との境を望む 昭和43年ころ